lccの意味

lccは格安航空会社であり、既に海外、国内に於いても実績が出来ています。
燃費の良い中型ジェット機の機種を限定し、大量購入、または、リースにより調達コストを下げています。パイロットや他の乗務員の中途採用、大都市周辺の中小空港の利用、航空機の整備の外部発注、航空機へはタラップ利用、機内清掃は乗務員で行う等経費節減に鋭意努めています。
大手の航空会社と比べて料金が圧倒的に安い為徐々に乗客数も増えています。大手の系列としてのlccもあり、正に航空業界は戦国時代に突入の可能性の感じがします。運行時間も大手と競合しない隙間の時間帯が多く、その特徴を出しつつ有ります。
例えば、我が国最大の海外便用の空港に海外から帰国し、地元に帰るとき、lccのお陰で待ち時間が大幅に短縮されたケースも有り、存在価値が高まっています。
一方今までは航空機と言えば贅沢な空の旅のイメージが定着していましたが、格安航空会社のお陰で普段着でも搭乗できる雰囲気となっています。搭乗手続きも簡単になり、空港内の受付カウンターもシンプルで乗務員の服装も仰々しさがなく、親しみやすい空の旅が出来るようになり、必然的に新たな客層の開拓に繋がっています。 飛行機予約サイトではLCCを含む国内航空券が横断で検索できるサイトが多いので探しやすくなってきています。

lccのメリットは?

lccのメリットは数多くが挙げられます。
移動費が大幅に節約できる:従来の大手航空航空会社と比較すると半値以下の運賃になっていますので、気軽に遠出が出来るようになりました。多くのLCCは事前予約における空席状況に応じて価格が変動する形式を採用している事から、特に平日においては予想以上の大幅値引きで乗る事も可能です(土休日は混雑するので価格が高めに設定されています)。

今までにない旅ができる:従来の飛行機移動は出発地と到着地との往復利用がメインでしたが、移動費用を抑える事が出来ますので飛行機に乗る事をメインとした旅が可能となりました(鉄道における乗り鉄のようなイメージ)。そして、最近では早朝便に乗って遠くまで出かけてグルメを味わう日帰り旅行をする人も増加しているので、休みが少ない人であっても気軽に旅行が出来ます。

若者に旅や移動の機会が増える:何ヶ月も貯金をして旅の資金を貯めている若者であっても数千円~3万円程度の運賃で往復出来ますので、1年に数回の飛行機による旅の機会が得られる事になります。大学生になって上京している場合は、頻繁に実家に帰れる事から家族や地元の友人達と触れ合える時間が増えるでしょう。

PRODUCTS



おすすめLINK

E航空券.comで飛行機を予約!

インターネット専門店ならではの豊富な品揃えと低価格が自慢の予約サイトです。

LCCファン